片岡理森 個展 Voyage

2020年3/14(土)〜4/5(日)まで ※(月)(火)おやすみです。12:00~17:30    最終日16:00まで

◎片岡理森(かたおか・よしもり) <プロフィール> カナダ、バンクーバー出生、東京在住。多摩美術大学卒業後、東京での個展を中心に、国内外の企画展やアートフェアで作品を発表している。作品は、コンセプトとなる詩(言葉)と、そこからイメージされたビジュアル(絵)によって構成されているのが特徴。また、使用している画材は主にクレヨンとアクリルで、何層にも色を重ね、その上からスクラッチをつけ、再び色を重ねるという工程をくり返す画法も独自のスタイル。


 <近年の主な活動> 2019年11月:企画展 飯田弥生美術館(東京,日本)

 2019年5月:個展 孔雀画廊 「Song of Life vol.7」(東京,日本)

 2019年2月:アートフェア「ART NAGOYA 2019」出品(名古屋,日本) 

2018年10月:企画展 あーとらんどギャラリー(香川・丸亀,日本)

 2018年9月:企画展 韓国文化院 国際招待作家 作品展 (陰城,韓国)

 2018年5月:企画展 Royal Opera Arcade Gallery (ロンドン,UK)

 2017年9月:アートフェア「Artistes du Monde 

2017」出品(カンヌ,フランス) 2017年7月:企画展 Galleria d‘Arte Mentana(フィレンツェ,イタリア)  


<制作コンセプト> 

私は、人生で見つけた「疑問」や「気づき」を言葉と絵で表現しています。当初は、とても個人的な感情だと思いつつ発表していましたが、各地で作品を観ていただくうちに、育った環境や国籍、信じる神様が違っても、なぜか自分ごとのような「共感」を皆さまに感じていただいていることがわかりました。それは、人間は抗いがたく「同じ」であることの証明でもありました。笑ったり、泣いたり、ねたんだり、怒ったり、夢をみたり、誰かを大切に想ったり……いつの時代でも変わりのない普遍的な人間の心の動きや人生観に目を向けることで、一人ひとりが自分という存在を俯瞰して考える時間をもつことができれば、もっと謙虚に互いを思い合って、どんな生物にも居心地の良い世界を育むことができるのかもしれない。いまは、そんな希望を抱きながら制作を続けています。

 ◎Yoshimori Kataoka <profile>

 Vancouver,Canada birth. Tokyo,Japan living. A painter who is active internationally. Express "question" and "awareness" found in the life with words and pictures. Painting materials are mainly crayons and acrylic. It is the peculiar method of repeating scratch processing after superimposing colors. And attach a short sentence which is concept of artwork. 

 <recent major activities> Oct.2019 planned exhibition at Iida Yayoi Museum(Tokyo,Japan) May.2019 solo exhibition "Song of Life vol.7" at Kujaku Gallery(Tokyo,Japan)

 Feb.2019 Art Fair "ART NAGOYA 2019"(Nagoya,Japan)

 Oct.2018 planned exhibition at ART LAND Gallery(Marugame,Kagawa,Japan)

 Sep.2018 invited exhibition by Korean Cultural Center (Eumseong,Korea)

 May.2018 planned exhibition at Royal Opera Arcade Gallery(London,UK)

 Sep.2017 Art Fair "Artistes du Monde 2017"(Cannes,France)

 Jul.2017 planned exhibition at Galleria d'Arte Mentana(Firenze,Italy) 


 <statement>

 I express "question" and "awareness" that I meet in daily life. At the beginning, I thought and expressed my questions and awareness as something personal feeling. Gradually,I realized that people sympathize to my works, wherever they come from, or whatever they believe. And I thought that is a proof that human beings are all "same". Laugh, cry, envy, anger, dreaming, and thinking about somebody deeply...I'm paying attention to those movements of a human heart, that will never change. If we could have time to overlook our own existence, and care about each other more humbly, We could bring up a comfortable world for any creatures. Now, I'm making my works with such a hope. 

ギャラリーマルキーズ

2019年春名古屋市昭和区石川橋にオープンのギャラリーです。