一周年記念企画 「創造と工芸」

10月14日〜11月1日まで。(月)(火)お休み。12:00〜17:30 

新型コロナウィルス感染対策の自粛要請に伴い延期となっていました展覧会をこの度再開の運びとなりました。


土橋隆弘(ガラス)・北野宏和(木地師)・Kristina Mar(陶)・村上尚美(漆芸)・山田晃一郎(陶芸)・宮崎英彦(ガラス)



2020年4月17日、お陰様でギャラリーマルキーズ は開廊1周年を無事迎える事となりました。ひとえに、ご来場下さった大勢のお客様、素敵な作品を展示してくださったアーティストのみなさん、ご支援、ご協力くださった方々のお陰と心より感謝、御礼申し上げます。

毎回の新しい挑戦と発見の一年でございましたが、また新たな出発に際して、ギャラリーマルキーズの新しい挑戦が始まります。ガラス、漆など、初めての作品展示にもご期待ください。


今回は、一周年特別記念企画として、扱う素材のジャンルを隔てて、6名の作家により、それぞれの意図する、創造、あるいは工芸と生活空間における豊かさの可能性についてをテーマに展覧会を開催を致します。それぞれの作家の作品に込めた思いを、是非直に感じて頂きたいと思います会場にて、響きあう、美しい匠の技の共演を、ご高覧のほどよろしくお願い申し上げます。

作家紹介

土橋隆弘(ガラス)

土橋隆弘(ガラス)作品名 "Shell"

(作品コンセプト) 

私は、自分自身の内に在る様々な感情・精神・思想を、創作に扱う素材を通して、生命の幻のような儚さ・力強さ・美しさ、というものを求め、作品を通してその内面性を表現していきたいと考えています。 またこれらは、心の中の英知と狂気、夢と現実との葛藤の狭間からイメージは生じ、その具現化が芸術を生み出す力に繋がると考えているからです。 土橋隆弘 





村上尚美(漆)

日々暮らしの中でお使い頂けるシンプルでありながら、上質で上品なフォルムとデザイン、長くご愛用いただける作品です。

(作家コメント)

漆器は口当たりが柔らかく、日々使う事でだんだん底光りしてきます。使われる方によって艶が増し

更に良いモノへと仕上がって行くものだと思います。この変化を楽しんで愛用して頂けると嬉しいです。その変化を楽しむことができる器をイメージしながら漆器作りをしております。しっとりとした漆器の肌合いを楽しんで頂けたら幸いです。




宮崎英彦(ガラス)

作品への思い。 現代では昔の日本の伝統的な良き物がどんどん減ってきていると思います。 ガラスも元々は西洋の物ですが、その西洋文化と日本の先人達が 作り上げてきた日本美を融合できないかと考え制作しています。 模様は日本の伝統模様の、角麻を選びました。 和モダンな雰囲気に仕上げております。   


Kristina mar(陶芸)

ポルトガル出身の女性陶芸家。現在。京都を拠点に創作活動を行っています。モダンで繊細なデザインがとてもお洒落でクールです。



北野宏和(木地師)

木地師さんです。人生で初めておめにかかる伝統工芸のお仕事。

木地師(きじし)とは、轆轤(ろくろ)を用いて椀や盆等の木工品を加工。製造する職人さん。轆轤師とも呼ばれます。1000年以上前に、滋賀県蛭谷(ひるたに)で木地師文化が発祥したとか。

木地師発祥の地である蛭谷で伝承の技と文化を継承した若手作家さんです!



山田晃一郎(陶芸)



信楽の作家さんです。日々の食卓の為の料理を乗せた時映える器や花器、壁掛けなど暮らしに彩りを添え、身近にお使い頂ける作品を手がけています。





作家紹介

◆土橋隆弘(ガラス)

1966年 大阪生まれ
1985年 大阪デザイナー専門学校 入学/大阪
1987年 現代美術家 制作助手/香川
1992年 株式会社SUWAガラスの里入社/長野
1997年 山村倉庫株式会社入社 三田市ガラス工芸館/兵庫
2000年 株式会社黒壁入社/滋賀
2013年 独立
現  在 美術家として活動

 

(作品コンセプト) 

私は、自分自身の内に在る様々な感情・精神・思想を、創作に扱う素材を通して、生命の幻のような儚さ・力強さ・美しさ、というものを求め、作品を通してその内面性を表現していきたいと考えています。 またこれらは、心の中の英知と狂気、夢と現実との葛藤の狭間からイメージは生じ、その具現化が芸術を生み出す力に繋がると考えているからです。 土橋隆弘 


(個展・主要展示会)
1998年 神戸アートビレッジセンター 「土橋隆弘ガラス作品展」 個展/兵庫
1999年 ギルドギャラリー 「土橋隆弘ガラス作品展」 個展/大阪
     ギャラリーエノモト 「土橋隆弘ガラス作品展」 個展/大阪
2000年 ギャラリーマヌー 「土橋隆弘ガラス作品展」 個展/滋賀
2002年 大丸神戸店 美術アートギャラリー「土橋隆弘ガラス作品展」個展/兵庫
                ギャラリーエノモト「土橋隆弘・増田文彦ガラス作品展」二人展/大阪
2006年 ギャラリーはしまや 「土橋隆弘ガラス作品展」 個展/岡山
     大丸京都店 美術アートサロン 「土橋隆弘ガラス作品展」 個展/京都
2007年 大丸京都店 アートサロン 「土橋隆弘吹きガラス展」 個展/京都
     藤崎百貨店美術画廊 「土橋隆弘ガラス作品展」 個展/宮城
     大丸梅田店美術 「土橋隆弘ガラスセレクション」作品展示 個展/大阪
2011年 黒壁美術館 「土橋隆弘ガラス作品展」 個展/滋賀
2013年 Gallery PARC 「SHILL 土橋隆弘展」 個展/京都
                Script 「glass,glass,glass」 個展/滋賀
2016年 ギャラリーにしかわ「土橋隆弘 Glass works」個展/京都
2018年 高島屋京都店6階美術画廊「奥島圭二・土橋隆弘 ガラス二人展」/京都
2019年 ギャラリーハクモクレン「土橋隆弘ガラス作品展」/滋賀 

入選・入賞歴

1989年 兵庫県西宮市市民展 入賞/兵庫
1990年 国際ガラス展・金沢‘90 入選/石川        
1991年 旭ガラス関西ガラスアート展 入選/大阪
     工芸都市高岡‘90クラフトコンペ 入選/富山
1992年 朝日現代クラフト展 入選/東京・大阪     
                 金沢工芸大賞コンペティション 入選/石川
     国際ガラス展・金沢92 入選/石川
1993年 93ガラス彫刻コンペティション 入選/京都
1994年 朝日現代クラフト展 入選/東京・大阪
1995年 工芸都市高岡‘93クラフトコンペ 入選/富山 
                 金沢工芸大賞コンペティション 入選/石川
1996年 日本現代クラフト展 入選/東京
     現代ガラスの美展IN薩摩 入選/鹿児島
1997年 金沢工芸大賞コンペティション 入選/石川
1998年 現代ガラスの美展IN薩摩‘98 入選/鹿児島
2000年 VESSELS・KOGANEZAKI・器のかたち 国際ガラス展 入選/静岡
2001年 New Glass Review 22 入選/USA
     第一回現代ガラス展INおのだ 入選/山口
2002年 日本現代ガラス展・能登島 入選/石川
2003年 VESSELS・KOGANEZAKI・器のかたち黄金崎グランプリ受賞 入賞/静岡
2004年 第2回現代ガラス展INおのだ 井土審査員賞 入賞/山口
     国際ガラス展・金沢2004 入選/石川
2006年 VESSELS・KOGANEZAKI・器のかたち 入選/静岡
     第3回現代ガラス展IN山陽小野田 入選/山口
2009年 第48回日本現代クラフト展 入選/東京
2012年 VESSELS・KOGANEZAKI・器のかたち 国際ガラス展 入選/静岡
2013年 国際ガラス展・金沢2013 入選/石川
     OPPAI ART LAB 2013 in 禅居庵 入選/京都
2015年 世界工芸コンペティション・金沢2015~茶の時空間 金沢21世紀美術館
     入選/石川
    「第3回・世界工芸トリエンナーレ」金沢21世紀美術館入選/石川
2018年「第26回伝統工芸諸工芸展」日本橋三越本店6階特選美術画廊 入選/東京
2019年「第27回伝統工芸諸工芸展」日本橋三越本店6階特選美術画廊 入選/東京

パブリックコレクション

黄金崎クリスタルパーク
〒410-3501 静岡県賀茂郡西伊豆町宇久須2204−3
石川県能登島ガラス美術館
〒926-0211 石川県七尾市能登島向田町125−10
きららガラス未来館
〒756-0877山口県山陽小野田市焼野海岸




◆村上尚美(漆芸)

略歴
1969年 愛知県生まれ
1994年 京都市立芸術大学美術学部工芸科卒
      卒業制作 市長賞 買上賞
1999年 安代町漆器センター研修終了
1999年~2002年 日本クラフト展入選
2000年 高岡クラフトコンペ入選
2001年 高岡クラフトコンペ審査員賞
      世界工芸コンペティション・金沢入選
      木と暮らしの工芸展大野村2001奨励賞
2002年 第2回酒の器・展入選
2003年 金沢わん・One大賞2003入選
2006年 高岡クラフトコンペ入選
2006年 第4回全国「木のクラフトコンぺ」入選






◆宮崎英彦(ガラス)

1980年 神戸市生まれ

2000年 東京ガラス工芸研究所卒業

2001年 EZRAグラススタジオBLOWGLASS塾卒業

2001~2006年 彩グラススタジオ スタッフ・講師

2005年 彩グラススタジオ デモンストレーション

2006年 三田ガラス工芸館 デモンストレーション

2008年 丹波篠山市にて「ガラス工房るん」を設立

2014年 さんだクラフトハウス デモンストレーション

2014~2017年 さんだクラフトハウス 非常勤講師

毎年 個展・グループ展宮崎英彦

(賞歴) 2000年 酒の器展 入選 

2010年 第48回 兵庫工芸展 入賞(兵庫県教育委員会賞)

 2010年 酒の器展 入選 2011年 第49回 兵庫工芸展 入賞(兵庫県知事賞)

 2011年 第49回 兵庫県展 入選 

2012年 札幌芸術の森 ビアマグランカイ 入選

 2019年 第2回 北近江サケグラス公募展 入選 


 (作品への思い)

 現代では昔の日本の伝統的な良き物がどんどん減ってきていると思います。 ガラスも元々は西洋の物ですが、その西洋文化と日本の先人達が 作り上げてきた日本美を融合できないかと考え制作しています。 模様は日本の伝統模様の、角麻を選びました。 和モダンな雰囲気に仕上げております。


鞠をモチーフにした花瓶

作品名 「流白」

作品への思い。 現代では昔の日本の伝統的な良き物がどんどん減ってきていると思います。 ガラスも元々は西洋の物ですが、その西洋文化と日本の先人達が 作り上げてきた日本美を融合できないかと考え制作しています。 模様は日本の伝統模様の、角麻を選びました。 和モダンな雰囲気に仕上げております。 

流白 酒器・ぐい呑み

黒豆硝子

 黒豆硝子とは、 丹波篠山の特産品である黒豆をガラスの発色剤として ガラスに黒豆の灰を溶かし込み発色させたガラス作品です。 現代ガラスの色の工場が縮小などの流れを受けており、 この先どうなっていくのか読めない状況になってきております。 自分達が、この先持続して制作して行く上で、どの様な事が 出来るのかと考えました。 恵まれた事に、私達が住む丹波篠山市は特産品が多々ある街で、 その中でも全国的に有名な黒大豆(黒豆)があります。 他の特産品よりも自分達で自家栽培がしやすい点も大きかったです。 自分達で栽培でき制作する、自給自足のガラス作品となりました。

 黒豆硝子 浅鉢

 黒豆硝子の淡い色彩が映えるデザインにしています。 表面にはモール模様をほどこしており、キラキラと綺麗な輝きや 影の美しさも楽しんで頂けると思います。 普段使いにも、はれの日の特別な器としてもご利用して 頂けると幸いです。



◆Kristina Mar(陶芸) 

 http: www.kristinamar.com   
1964年 ポルトガルコインブラに生まれる。

1988-90年 オポルト美術学校彫刻

1990-93年 アジア旅行/マカオでグラフィック・デザイナーとして活動 

1993-94年 滋賀県立陶芸の森に研修作家として滞在

1999年 京都で陶芸作家として制作を始める 

個展

絵画と彫刻」東洋基金(マカオ) ギャラリーあ花音(京都) ギャラリーにしかわ(京都) ギャラリーエスプリヌーボー(岡山) ギャラリーマロニエ(京都) マカオ美術館(マカオ) INAXギャラリー(東京) ギャラリー白3(大阪) ギャラリーニン(東京) ギャラリーRERUN(宝塚)
高島屋京都店6階美術工芸サロン ギャラリーたち花(東京) 

グループ展

OPENAIRCLAYWORK,94(京都)二人展 SPACETRY(東京)たち花ギャラリー東京SELECTED ITEMS SPACETRY(東京) 二人展(ポルトガル大使館東京)INAXギャラリー(常滑)NIKIGALLERY冊(東京) ベルタン・プアーレ協会14人の陶作家-ヨーロッパ日本(- パリ) 三人展(ギャラリー北野坂神戸)
ギャラリーClaudia Bollage, Suiss
ギャラリーあ花音(京都)
公募展/賞
ポルト・アーテイスト展テキスタイル賞受賞(ポルトガル)
’94朝日現代クラフト展(優秀賞)(大阪) 第5,6回 美濃国際陶芸公募展(多治見)
秀明文化基金賞受賞(MIHO美術館信楽)第3,4回 出石磁器トリエンナーレ(出石、京都他)第52回 フアエンツア現代セラミックアート公募展(イタリア)
豊田ビエンナーレ第7回国際陶磁器展 美濃 銅賞受賞 Int.Ceramic Andenne ビエンナーレ(ベルギ)
ワークショップ
キーウエスト国際陶芸ワークショップ 2WEEKWORKSYOPにおける2日セミナー(マカオ) 14人のヨーロッパ 日本陶芸作家展での制作実演
ベルタン・プアーレ協会パリ) 


石膏や釉薬でモダンで斬新なデザインに仕上げたオブジェや繊細でお洒落な器などで多くのファンをを持つポルトガル出身の女流陶芸家クリスティーナマールさん。京都在住、国内外で展示会開催しています。








◆北野 宏和(木地師)

略歴
滋賀県高島市出身
滋賀県東近江育ち
平成24年石川県立山中漆器産業技術センター入学
平成28年卒業
卒業と同時に辻英芳に弟子入り
令和1年東近江市蛭谷町に移住

◆山田晃一郎(陶芸)

略歴 
2008年 京都嵯峨芸術大学 彫刻コース 卒業 
2008年 信楽へ移住、株式会社三彩へ就職 
2014年 信楽作家市に出展 以降毎年 出展 
2014年 信楽セラミックアートマーケット 以降毎年 出展 
2017年 京都ギャラリーカフェ龍にて個展 
2018年 滋賀県甲賀市の水口  Homey 2階 ギャラリー家音 個展 
2018年 大阪 LILASIC店にて企画展 
2019年 ギャラリー家音 コラボ展 
2019年 京都ギャラリーカフェ龍にて個展 
2019年 第8回 奥永源寺 匠の祭 出展 
2019年 灰塚窯にて薪窯を教わる





  




ギャラリーマルキーズ

2019年春名古屋市昭和区石川橋にオープンのギャラリーです。