藍の世界 〜Japan Blue II〜  こばやしのりこ

6/24(水)〜6/28(日)まで 12:00〜17:30 最終日15:00まで

GALLERY MARQUISEの前身であるフランス菓子マルキーズ併設のギャラリーにて20年の長きにわたり年2回の個展を行ってきた、小林宜子さん。自ら糸や布を染めて織った、手織りマフラーや草木染めストール、そして個性豊かな創作バックの作家として人気が高く、近年では、モダンアート展や絞りコミュニティーのメンバーとして、等身大の染め裂き織りのタペストリー制作などにも意欲的に挑戦し、数々の賞を受賞している。

今回は、タペストリー、パネルに、藍染や草木染めのブラウス、スカート、スカーフ小物などの展示に加えて、友情出展としての、福田雍子さんの着物地の洋服にもご期待ください、お楽しみに!


〈作家コメント〉 小林宜子 自分さがしを始め探てから、早くもま20年近くもなります。キャリアウーマン、主婦 、母の3足のわらじから、子供達も経済的に自立するようになり、これからは、自分の為に生きようと定年まで数年ありましたが、さっぱりと退職。主婦のみの一足のわらじはありましたが、自分探しを始めました。色々な事にチァレンジして、行き着いたところが、今やっている、「染と織り」の世界です。始め自分は自然にふれたいと草木染を始め藍の世界にはまり、絞りコミュニティのグループに入会。絞りに対しての自分のもっていたイメージからあたらしい発見、カルチャーショックを受けました。おおきなタペストリーなど美術館での展示会をやっている時、モダンアートへの出品のお誘いをうけ丸6年になります。ダメもとで出品してから毎年出品させて頂き今に至ります。私のアートへの取り組みは伝統的な「藍染」 「絞り」「織り」を活かした現代アート作品として確率出来たらとの思いです。今後もこれを念願にチャレンジして行きたいとおもっています。


 私のチャレンジの足跡 

〈絞りコミュニティ〉 16年前から毎年愛知県美術館にて展示。 2年に一回、東京、京都、名古屋、広島、宮崎 、沖縄、海外(フランス)等で展示。

 〈モダンアート展〉

 2013年初出品初入選(一般人として参加)

 2014年入選 (一般人として参加)

2015年新入賞(会友となる)

 2016 年入選 

2017年賞候補(準会 員)

 2018年優秀賞(会員)

 2014,15年中部モダンアート展にて奨励賞

 2015,18年東京桧ギャラリーでの選抜展出品

 2013,18年三重画廊にて個展 

2014年から毎年 グループ展「Zeroの視点」銀座のギャラリー中心 グループ展「BAK展」 名古屋中心 等、年6〜8回公募展グループ展などに出品。 2019年も8回ほど予定している。


 これまでの作品およびモダンアート展優秀賞作品は

ギャラリーマルキーズのホームページの過去の展示「藍の世界1」又はInstagram等にてご覧いただけます。 

ギャラリーマルキーズ

2019年春名古屋市昭和区石川橋にオープンのギャラリーです。